「女王の教室」を見る

この物語は、悪魔のような鬼教師に 小学六年の子供達が闘いを挑んだ。
                                                               一年間の記録

そんな話で、「女王の教室」というドラマが始まります。
僕はこのドラマには最初あまり趣味がないけど、見れば見るほどついつい好きになっちゃった。面白くて優しい「神田和美」ちゃんに反して、いつも笑い顔がないで悪魔のような「阿久津真矢」さんはどんな話しを示すか、という問題考えながら、このドラマを見抜いた。
成績により、席の選択するとか、掃除の当番とかということを決めて、小学生の教師として、本当にひどいと思った。そして、可愛い和美ちゃんには親友を無くさせたり、母親の理解を持たせなかったりして、子供にはつらい事がいっぱいあるんだ。みんな毎日怖い心情を持って、学校に勉強している。でも、つらいことを直面して、自分の努力に通じて、優しい心を持って、和美ちゃんはみんなを感動させる。
びっくりすることには、すべでのことを全部で「マヤ」さんの手に持っちゃった。「マヤ」さんは、子供達が真の現実に目覚められるということのように、いつも悪いみだい事をする。みんな理解できなくてもいいでしょう。「自分のやっている事が間違っていると思った事は一切無い」と、いつもそういう話をする。最後は「マヤ」さんはこれらの強くなった子供達に感動られる。
みんな泣いて、「マヤ」さんのために、歌を歌うとき、僕も泣いちゃった。子供みたいだ、僕は、しょうがないなあ。

本当に良いドラマですよう。「マヤ」さんの話は、ドラマの中の子供には適用だけではなく、大人みたいな僕にも。大人にも適用かもしれないでしょう。
生活が続いて、我々の未来は我々の手に持つでしょう。

 
Advertisements